So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

人文 ア・ラ・カルト [城・館・チャシ・グスク]

 この数年大河ドラマについては載せなくしています、それは史実との??
が見られますので、NHKも昨年は放映中にテロップで史実ではなくドラマ
だといっています。

 今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」ですが、昨年12月、京都の井伊美術館
が記者会見をして、直虎はおんなでなくて男だったと発表しました。

 放映直前の発表、NHKも慌てたと思いましたが、内心はわかりませんが、
これはドラマですからと、受け流したそうですが、内心は穏やかでなかったと
おもいます、何故なら井伊家にNHKから直虎に決まったとき、挨拶に来たそうです、
そのときはその文書が判らなかったそうです。

 仔細は「井伊美術館」のホームページに載ってます、またいま特別展が開催されて
います。
特別展
「井伊直政と次郎法師尼ー蘇えった青年武将直虎」
井伊直政と次郎法師尼.png
直虎系図.png


井伊美術館





ドラマ館がオープンしています。
おんな城主直虎.jpg
場所 浜松市みをつくし文化センター


大河ドラマ館





 来年(2018年)の大河ドラマは「西郷どん」です鹿児島市は当初予算案
2411億円を提案しました。


来年の大河ドラマ





「忠臣蔵」を大河ドラマへ
赤穂市.jpg
と市長さんははりきっておられますが、忠臣蔵は
1964年 「赤穂浪士」
1975年 「元禄太平記」
1982年 「峠の群像」
1999年 「元禄繚乱」
と4回も取り上げられたのはこれだけです、しかし市民は冷ややかです、
あらすじの大半は江戸でのストーリー地元にそれほど期待はしていない
とかなり手厳しい意見が多いそうです。
市では署名運動を始めています。


忠臣蔵を大河ドラマへ !





大河ドラマを鳥取へ
「鳥取県を舞台に !  歴史大河ドラマを推進する会」が3月5日に県立図書館で
発足発表会と講演会がひらかれました。
 県内ゆかりの歴史上の人物から5つのテーマに絞込み誘致活動を進める
家テスクだそうです。
 これ以上の情報はありません。



「志国高知 幕末維新博」が3月4日に開幕しました。
 メイン会場は新しくオープンした「高知城歴史博物館」です。
ここでの展示は
「海援隊発進 ! ~坂本龍馬のかけぬけた時代~」
海援隊.jpg
と「未来へひきつぎ美とかたち」
未来へひきつぐ美.jpg
でした。


高知県立高知城歴史博物館





「幕末の土佐ー書跡にみる人物群像」
人物群像.png
場所 高知県立歴史民俗資料館
期日 1月29日~5月10日


高知県立歴史民俗資料館





4月28日にオープンします。
久留島武彦記念館.png
「久留島武彦記念館」


久留島武彦記念館


なお、いいままで「久留島記念館」の名称だったわらべの館は
「豊後森藩資料館となります。



 日本城郭協会からの支援の御知らせです。
 自分も現理事長がレジュメをガリ板で作っていた学生の頃からの会員ですが、
この熊本城の時はかなり力をいれているが、以前の東日本大震災の時はあまり
熱心でなかった。現に仙台城の石垣は崩れたままで危険なのに、このほかにも
小峰城など被災しているところがあるのに、これらについては、同じ城郭の被災
なのに?????。
 熊本では協会から会員に寄付の振替用紙が送られてきたのに。


日本城郭協会



「熊本城ー加藤清正と細川家ー」
熊本城.jpg
場所 永青文庫
期日 3月18日~6月4日


永青文庫


「震災復興のメモリー@熊本」
震災復興.jpg
期日 4月14日~5月21日
熊本県立美術館ではこのほかにも
「土佐の龍馬 肥後の小楠」
土佐の龍馬.jpg
期日 4月8日~5月14日
「夢の美術館」
夢の美術館.jpg
期日 4月11日~5月28日
場所 熊本県立美術館


熊本県立美術館





福井城では山里口御門の復興を見学できます。
完成は平成29年度を目指しています。


復元工事の状況





「ホフマン輪窯」を日本遺産へ申請
埼玉県深谷市、栃木県野木町、茨城県古河市のの2市1町が3月25日に
レンガ製造にに使用された、「ホフマン輪窯」(わがま)と関連文化財の計
30点を日本遺産にと文化庁に申請しました。
結果発表は4月下旬の予定です。


深谷市ホフマン輪窯



日本煉瓦ホフマン輪窯



旧下野煉化製造煉瓦窯





震災遺構 仙台・旧荒浜小学校4月末から一般公開されます。


旧荒浜小震災遺構



震災遺構 「たろう観光ホテル」も見学できますが、
見学には宮古観光文化交流協会の予約が必要です。
しかし、ここにだけ国費を使っていいのかとの批判もあるそうです。


宮古観光文化交流協会



震災遺構国費投入







展示会のお知らせ 11 [城・館・チャシ・グスク]

 これで5月限の展示会のお知らせは終わりです。


テーマ展
「かわいいやきもの わきあいあい」
かわいいやきもの.jpg
期日 3月4日~5月21日

「丹波焼と三田焼の粋を集めて」
丹波焼と三田焼.jpg
期日 3月4日~5月28日
場所 兵庫陶芸美術館


兵庫陶芸美術館





「伊藤若冲展」
伊藤若冲.jpg
場所 相国寺承天閣美術館
期日 12月15日~5月21日


相国寺承天閣美術館





特別展
「海北友松」
海北友松.jpg
場所 京都国立博物館
期日 4月11日~5月21日


京都国立博物館





「漱石と京都ー花咲く大山崎荘」
漱石と京都.jpg
場所 アサヒビール大山崎荘美術館
期日 3月18日~5月28日


大山崎山荘美術館





特別陳列
「刻の玉手箱」
刻の玉手箱.jpg
場所 和泉市久保惣記念美術館
期日 4月8日~5月28日


和泉市久保惣記念美術館





「藤城清治 光の楽園展」
藤城清治.jpg
場所 大坂文化館 天保山
期日 3月17日~5月28日


大坂文化館・天保山





「博物館まつり」
博物館まつり.png
場所 鹿児島県立博物館
日時 5月21日


鹿児島県立博物館





特別展
「雪村-奇想の誕生ー」
雪村.jpg
場所 東京藝術大学美術館
期日 3月28日~5月21日


東京藝術大学大学美術館





企画展
「茶碗の中の宇宙ー楽家一子伝の芸術」
茶碗の中の宇宙.jpg
場所 東京国立近代美術館
期日 3月4日~5月21日


東京国立近代美術館





企画展
「シヤセリオー展」
シャセリオー.jpg
場所 国立西洋美術館
期日 2月28日~5月28日


国立西洋美術館





企画展
「ふるさとゆかりの美術館」
ふるさとゆかりの美術展.jpg
場所 三木美術館
期日 2月22日~5月21日


三木美術館





「マティス・ルオー」
マティスとルオー.jpg
場所 あべのハルカス美術館
期日 4月4日~5月28日


あべのハルカス美術館





企画展
「水口岡山城展」
水口岡山城.jpg
場所 水口歴史民俗資料館


水口歴史民俗資料館



展示会の御知らせ 10 [城・館・チャシ・グスク]

「長谷寺のちょっとむかし展」
長谷寺のちょっとむかし.jpg
場所 観音ミュージアム
期日 2月9日~5月14日


長谷寺観音ミュージアム





企画展
「宇佐宮を俯敵するー絵図にみる憂さ宮ー」
場所 大分県立歴史博物館
期日 3月24日~5月14日


大分県立歴史博物館





企画展
「蔵・倉・くら」
蔵・倉・くら.jpg
場所 川越市立博物館
期日 3月18日~5月14日


川越市立博物館





特別展
「後北条氏の庭園」
北条氏の庭園.jpg
場所 鉢形城歴史館
期日 3月18日~5月14日


鉢形城歴史館





企画展
「武士の拵ー西尾藩士を中心に」
場所 西尾市資料館
期日 3月18日~5月14日


愛知県西尾市資料館





「絵巻マニア列伝」
絵巻マニア列伝.jpg
場所 サントリー美術館
期日 3月29日~5月14日


サントリー美術館





「『描く ! 』 マンガ展」
描くマンガ展.png
場所 京都国際マンガミュージアム
期日 4月14日~5月14日


京都国際マンガミュージアム





企画展
「プータン」
場所 山梨県立博物館
期日 3月18日~5月15日


山梨県立博物館





「八王子をどり」
八王子をどり.jpg
場所 八王子市芸術文化会館
期日 5月19日~20日


いちょうホール(八王子市芸術文化会館



展示会の御知らせ 9 [城・館・チャシ・グスク]

  4月になりましたので、5月限のお知らせです。



特別公開
「永原御殿の移築書院」
場所 芦浦観音寺
期日 5月4日~5月5日
予約制なので下の草津市観光ボランテア協会へお問い合わせ下さい。


芦浦観音寺

草津市観光ボランテア協会





櫓などの一般公開
「月見櫓、艮櫓、披雲閣」
場所 玉藻公園


玉藻公園





「古文書に見る近世・近代の暮らしと社会ー奈良県山添村毛原築の資料からー」
古文書に見る.png
場所 奈良大学博物館
期日 3月13日~5月6日


奈良大学博物館





企画展
「郡山城と柳沢家」
郡山城と柳沢家.jpg
場所 柳沢文庫
期日 1月14日~5月7日


柳沢文庫





コレクション展
「群像ー交錯する声」
群像交差する.jpg
場所 和歌山県立近代美術館
期日 1月27日~5月7日


和歌山県立近代美術館





特別展
「川崎平右衛門」
川崎平右衛門.jpg
場所 江戸東京たてもの園
期日 2月7日~5月7日


江戸東京たてもの園





企画展
「下町の戦後」
下町の戦後.jpg
場所 すみだ郷土文化資料館
期日 2月18日~5月7日


すみだ郷土文化資料館





テーマ展
「原寸大複製 ! 松平文庫 大絵図展」
松平大絵図展.jpg
場所 福井県立図書館
期日 2月24日~5月7日


福井県立図書館






「藍色浪漫 伊万里染付図変り大皿の世界」
伊万里染付図柄.jpg
場所 町田市立博物館
期日 2月25日~5月7日


東京都町田市立博物館





企画展
「塔の森クロニクル」
塔の森クロニクル.jpg
場所 新宿歴史博物館
期日 3月5日~5月7日


新宿歴史博物館





企画展
「戦時下東京のこどもたち」
戦時下東京のこどもたち.jpg
場所 江戸東京博物館
期日 3月7日~5月7日


江戸東京博物館





収蔵品展
「日本画新しき風にのせて」
日本画新しき風.jpg
場所 佐久市立近代美術館
期日 3月9日~5月7日


佐久市近代美術館





お宝なぞ解き考古展
「博物館deトレジャーハンター」
トレジャーハンター.jpg
場所 相模原市博物館
期日 3月18日~5月7日


相模原市立博物館





企画展
「ポスターに描かれた昭和」
ポスターに描かれた昭和.jpg
場所 昭和館
期日 3月11日~5月7日


昭和館





企画展
「さいたまの酒造り」
さいたまの酒造り.jpg
場所 さいたま市立博物館
期日 3月11日~5月7日


さいたま市立博物館





企画展
「歌川国芳」
歌川国芳.jpg
場所 府中美術館
期日 3月11日~5月7日


府中市美術館





「熊谷守一」
熊谷守一.jpg
場所 香雪美術館
期日 3月11日~5月7日


香雪美術館





「土浦八景」
土浦八景.jpg
場所 土浦市立博物館
期日 3月18日~5月7日


土浦市立博物館





特別企画展
「みるみる大きくしてみると?」
レンズを通すと世界は広がる.jpg
場所 多摩六都科学館
期日 3月18日~5月7日


多摩六都科学館





「谷村城下町ひなまつり展」
谷村城下町ひなまつり.jpg
場所 ミュージアム都留
期日 3月18日~5月7日


都留市博物館





「新宮晋の宇宙船」
新宮晋の宇宙線.jpg
場所 兵庫県立美術館
期日 3月18日~5月7日


兵庫県立美術館





「土の中にこめられた祈りと思い」
土の中にこめられた祈りと思い.jpg
場所 上高津貝塚ふるさと歴史の広場
期日 3月22日~5月7日


上高津貝塚ふるさと歴史の広場





特別展
「刀に彫るー刀身彫刻の世界ー」
刀に彫る.png
期日 3月24日~5月7日

企画展
「描かれた福井城と武家屋敷」
期日 3月24日~5月28日
場所 福井市立郷土歴史博物館


福井市立郷土歴史博物館





「勝部如春斎」
勝部如春斎.jpg
場所 西宮市大谷記念美術館
期日 4月1日~5月7日


西宮市大谷記念美術館





特別展
「誕生 日本国憲法」
誕生日本国憲法.jpg
場所 国立公文書館
期日 4月8日~5月7日


国立公文書館





「DIGITAL」
DIGITAL.jpg
場所 国立家岸民俗博物館
期日 3月14日~5月7日


国立歴史民俗博物館





「BENTO」
BENTO.jpg
場所 松花堂美術館
期日 4月11日~5月7日


松花堂美術館



お城のニュース 2 [城・館・チャシ・グスク]

尼崎城復興着工
築城400年に合わせて、2018年8月に完成予定です。
江戸中期の絵図などを基に外観復元の四重5階の天守に二重付櫓


尼崎城の復元着工(神戸新聞)

尼崎城に関する現状





2019年に築城400年を迎える明石城
記念事業実行委員会を設立しました。


築城400年の明石城(神戸新聞)

明石公園





姫路城三の丸御殿復元へ
復元に欠かせない立面図や写真の提供を呼びかけます。
募集は4月1日~来年3月31日までです。

天守の殿不在の謎 しゃちほこは全て雌?
何で平成の大修理から1年も経ってからの話題なのでしょうか、
それでこの姫路城と金のしゃちほこで有名な名古屋城の写真を載せてみましたが、
雄、雌で一対だそうですが、見分けられますか。
まず姫路城の鯱です。
DSCF3587.JPG
DSCF3683.JPG
下は展示してあった明治、昭和、平成の鯱ですが、一対の展示ではありません。
DSCF3749.JPG
DSCF3750.JPG
DSCF3751.JPG

次は名古屋城の鯱です。
下は正門を入ったすぐ左に展示してある鯱ですが、一対ではありません。
IMG_5019.JPG
DSCF0899.JPG

天守にある鯱です。
IMG_5942.JPG
P2110060.JPG

天守閣の中に展示されている鯱ですが、これも一対ではありません。
IMG_5055.JPG


姫路城

三の丸御殿復元

大天守"殿"不在の謎





熊本城飯田丸五階櫓復旧事業の御知らせ。


熊本城総合事務所

飯田丸石垣復旧事業の御知らせ





地震と戦い続ける城ーーー仙台城
これは以前にも書きましたが、行政の縦割りで、石垣の危険な状態が続いています。


仙台城跡

地震と戦い続ける城





松山城三の丸、藩主御殿跡
松山城の本丸はかなりの遺構があり、二ノ丸も整備されていますが、三の丸については
どこからどこまで、かよく判らないとおもいます。
IMG_0667.JPGIMG_0715.JPG
写真左は二ノ丸口から見た三の丸で、右は三の丸がら見た二ノ丸石垣です。


伊予松山城

松山城発掘調査

出土品藩主御殿跡?





2年前に発掘された石垣は伏見城の石垣ではなく大名屋敷か?


伏見桃山城

伏見城の石垣跡





大洲城本丸のケヤキ伐採
ほかのお城でも問題になっていますが、石垣の上にある樹木は根がはると
石垣を崩す恐れがあります、実際には石垣の上には、櫓、多門、塀などで、
戦いを想定してますので、樹木はありませんでした、明治政府によって、建造
物は取り壊されました、その後石垣の上が殺風景なので、樹木を植樹したのが、
現在問題となっていると思われます。


大洲城

大洲城のけやき伐採






高岡城跡の保存計画
高岡城でも保存計画のなかに、樹木の伐採が書かれてます。


高岡古城公園

高岡城跡

高岡城の保存計画





川越城 本丸再現幻に
川越市が市制100年の目玉事業にと計画したのですが、平成元年に策定したのに、
なんだかやっていることがちぐはぐ、平成22年本丸御殿が復元はました。
しかし、平成元年の策定で市制100年つまり平成34年には費用がかかりすぎて、
出来ないとのことですが、実際には本丸御殿だけでした。
後五年で何をするのでしょうか。
1964年と昨年2016年とで市が本当に復元をする気があったのかはなはだ疑問
に思えます。下の写真は川越城今昔でもお話しましたことですが。
塀007.JPGIMG_5719.JPG
左は塀の後ろは校舎ですが、右の写真は御殿になってます。

本丸御殿玄関006.JPGIMG_5715.JPG
左は旧御殿で、右は復元後の本丸御殿です。

これから下は復元後の川越城です。
DSCF8986.JPGDSCF8979.JPG
復元した御殿ですが、御殿玄関の前がバス停で、右の写真は御殿の前に
駐車場だったり民家だったりと重要文化財とが区切りがないので、これでは、
文化財保護が困難では。

DSCF4012.JPGDSCF8958.JPG
左はいまだに富士見櫓跡近くにある民家。右城址碑は御殿と博物館の間の
駐車場の前に新しく建てられてました。

DSCF8951.JPGIMG_5711.JPG















左は博物館前に造られたレプリカの井戸、右は博物館の端に新しく建った蓮池門跡碑
です。

IMG_5741.JPG
この中ノ門ですが、当時は櫓門でした、このようにちょっとだけのことで、城の復元と
市は五年後は何と言うのだろうか。


川越城





見せる石垣の起源探る 金沢城調査研究所
切石積みの基礎部分発掘
金沢城は昨年にも書きましたように、見せる石垣を城見学の目玉にしていました。
下がその石垣見学コースのパンフです。
石垣表.jpg
石垣裏面.jpg
で、金沢城調査研究所は石垣の確認調査に着手しました。


金沢城公園




展示会のお知らせ 8 [城・館・チャシ・グスク]

4月限の展示会の御知らせはこれで終わりです。


コレクション展
「椛島勝一の世界」
期日 1月15日~4月9日

企画展
「アートたけし展」
期日 3月10日~4月16日
場所 長崎県美術館


長崎県美術館




「クラーナハ」
クラーナハ.jpg
場所 国立国際美術館
期日 1月28日~4月16日


国立国際美術館





「津波を越えて生きる」
津波を越えて生きる.jpg
場所 国立民俗学博物館
期日 1月19日~4月11日


国立民俗学博物館





メモリアル展
「山頂に残された旗」
山頂に残された旗.jpg
場所 植村冒険館
期日 2月1日~4月11日


植村冒険館





「仙台 昔と今のくらし」
仙台・昔と今のくらし.jpg
場所 仙台市歴史民俗資料館
期日 11月19日~4月16日


仙台市歴史民俗資料館





「森田文庫」展
森田文庫.jpg
場所 福生市郷土資料室
期日 2月4日~4月16日


福生市郷土資料室





「文化財発掘Ⅲ」
文化財発掘Ⅲ.jpg
場所 京都大学総合博物館
期日 2月15日~4月16日


京都大学総合博物館





「ゴールドマン コレクションこれぞ暁斎 ! 世界が認めたその画力」
これぞ暁斎.png
場所 Bunkamura ザ・ミュージアム
期日 2月23日~4月16日


Bunkamura ザ・ミュージアム





「戦国時代」
戦国時代.jpg
場所 京都文化博物館
期日 2月25日~4月16日


京都文化博物館





特別展
「東西線車両技術変遷展」
東西線車両.jpg
場所 地下鉄博物館
期日 3月7日~4月16日


地下鉄博物館





企画展
「躍動する紀南武士」
躍動する紀南武士.jpg
場所 和歌山県立博物館
期日 3月11日~4月16日


和歌山県立博物館





「琉球王国の美」
場所 首里城公園
期日 ~4月27日


首里城公園





「時を超えて」
時を超えて.jpg
場所 横浜開港資料館
期日 2月1日~4月23日


横浜開港資料館



展示会の御知らせ 7 [城・館・チャシ・グスク]

 4月限の御知らせですが、体調不良のため、予約投稿でなくぎりぎり前日に書いてます。
 下が採血とインフルエンザの結果です。
Scan.jpg
3月2日咳、痰、と熱が上がったので、医者に行ったところ検査の結果インフルエンザと診断され
インフルエンザ治療薬「イナビル吸入粉末剤」と解熱剤をもらいましたが、5日たっても
熱、痰、咳がおさまらず、再度医者にいったら、またまた肺炎をこじらせたそうで、昨年の2月と
同じ繰り返しです、自分は肺気腫という持病をもっているので、呼吸器系疾患になると呼吸が
苦しくなります。




熊本地震で大きな被害を受けた熊本城
お城まつりの開催を決定しました。
場所 熊本城二ノ丸広場
日時 3月18日~3月26日


熊本城




企画展
「発掘速報展 平成2016」
発掘速報展.jpg
場所 平城宮跡資料館
期日 2月4日~4月2日


奈良文化財研究所 平城宮資料館





企画展
「四季のたのしみくらしのいろどり」
四季のたのしみ.jpg
場所 秋田県立博物館
期日 11月19日~4月2日


秋田県立博物館





特別展
「古代ギリシャ」
古代ギリシャ.jpg
場所 神戸市立博物館
期日 12月23日~4月2日


神戸市立博物館




「ティツィアーノとヴェネツィア派展」
ヴェネツィア.jpg
場所 東京都美術館
期日 1月21日~4月2日


東京都美術館





コレクション展
「死してなお」
死してなお.jpg
場所 森鴎外記念館
期日 2月2日~4月2日


森鴎外記念館





「ピーターラビット展」
ピーターラビット.jpg
場所 グランフロント大坂
期日 2月11日~4月2日


グランフロント大坂





「見えない光」
見えない光.jpg
期日 3月18日~4月2日

「たからのうみとうみのたから」
たからのうみ.jpg
期日 3月18日~4月9日
場所 科学技術館


科学技術館





テーマ展
「THE 府内古図中世豊後府内のまち」
場所 大分市歴史資料館
期日 1月28日~4月3日


大分市歴史資料館





「名品展」
場所 千秋文庫
期日 2月21日~4月8日


千秋文庫





「もういちど、はじめましてスヌーピ」
スヌーピー.png
場所 スヌーピミュージアム
期日 10月8日~4月9日


スヌーピーミュージアム





テーマ展
「井伊直虎と湖北の戦国時代」
場所 浜松市博物館
期日 12月17日~4月9日


浜松市博物館





トピックス展
「城コレ2017・新春~お城で初詣~」
場所 若狭国吉城歴史資料館
期日 1月14日~4月9日


若狭国吉城歴史資料館





特別展
「西アジア遊牧民の染織」
西アジア.jpg
場所 たばこと塩の博物館
期日 1月21日~4月9日


たばこと塩の博物館





「アジアの近代建築遺産」
アジア近代.jpg
場所 横浜ユーラシア文化館
期日 1月28日~4月9日


横浜ユーラシア文化館





企画展
「江戸時代のおひなさま」
江戸時代のおひなさま.jpg
場所 諏訪市博物館
期日 2月11日~4月9日


諏訪市博物館





「スター・ウォーズ展」
スターウォーズ.jpg
場所 名古屋城天守閣
期日 2月16日~4月9日


名古屋城天守閣





特別展
「江戸と北京ー18世紀の都市と暮らしー」
場所 江戸東京博物館
期日 2月18日~4月9日


江戸東京博物館





特別展
「時代を刻んだ貌」
時代を刻んだ貌.jpg
場所 石神井公園ふるさと文化館
期日 2月23日~4月9日


石神井公園ふるさと文化館





企画展
「大湖南展」
大湖南.jpg
場所 安土城考古博物館
期日 2月25日~4月9日


滋賀県立安土城考古博物館





企画展
「歌川国芳」
歌川国芳.jpg
場所 府中美術館
期日 3月11日~4月9日


府中市美術館





「江戸ノスタルジア」
ノスタルジア.jpg
場所 町田市立国際版画美術館
期日 3月11日~4月9日


町田市立国際版画美術館





「つばき展」
つばき.png
期日 3月31日~4月2日

「BENTO」
BENTO.jpg
期日 3月14日~4月9日
場所 松花堂美術館


八幡市立松花堂美術館





「博物館でお花見を」
期日 3月14日~4月9日

「おひなさまと日本の人形」
期日 2月21日~4月16日
場所 東京国立博物館


東京国立博物館





「七宝」
七宝.jpg
場所 東京都庭園美術館
期日 1月14日~4月9日


東京庭園美術館





刃傷 2 [城・館・チャシ・グスク]

 本当は3月になりましたので、4月限のミュージアムの御知らせをするのですが、4月は年度
替わりのためか、展示の情報がまだ少なく、博物館への短期雇用の情報が多いです、何故だ
か1年間の雇用が多く最長5年ですが、1年毎の更新なのです。不安定な雇用です。


 それで、今回は前回の続きです、前回もかきましたが、江戸城についての脱線が続いて
ます。

 赤穂事件(忠臣蔵)は江戸時代2大事件の一つです、ちなみにもう一つは慶安の変(由井正雪
の乱)です。事件としては、こちらのほうが、幕府転覆という大事件なのに、忠臣蔵のほうが、
有名になっています。


 赤穂事件がこれほど有名になったのは赤穂浪士が切腹2日目の1703(元禄16)年2月
16日、江戸の中村座で「曙曾我夜討」が上演されました、仇討ちを取り上げた人気の演目
でした。この曾我兄弟の仇討ちは歌舞伎や浄瑠璃での創作の演目でした、この曾我物に
仮託して討ち入りを描いたわけですが、興業3日目に奉行所より上演中止を命ぜられまし
た。
 切腹直後の上演であり、話題を呼んだのは想像できます、それで幕府の忌諱にふれ
たようです。
 その後、1710(宝永3)年5月、大坂の竹本座で浄瑠璃「碁盤太平記」が上演されました、
南北朝期の騒乱を描いた軍記物語で近松門左衛門の作品です、これは高師直の懺悔
のため詰め腹を切らされた塩冶判官の家臣大星由良之介と同士四十数人が主君の恨み
を晴らすという筋書きです、これが討ち入りのモデルとなった作品として、1748(寛延元)
年8月に竹田出雲、三好松洛、並木川柳の合作の浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」が大坂の
竹本座で上演されました。
 1749(寛延2)年には歌舞伎しても上演され大ヒットしました。これを機に赤穂事件は
「忠臣蔵」として広く知れ渡りました、江戸で同年2月6日に森田座で上演し人気を博して、
続いて市村座、中村座で上演されました。3月には京都では中村松兵衛座が、
大坂では12月に嵐三五郎座が上演しました。
 その後は江戸、大坂、京都だけでなく諸国の芝居小屋でも「仮名手本忠臣蔵」がが演
じられるようになりました。

 と言うわけで、赤穂事件は事実ですが、忠臣蔵は小説なので事実でない部分もあります
のであまり目くじら立てていうのはなく、謎の部分に触れてみたいと思います。


謎だと思う事柄
1. 朝廷の使者が江戸城へ来ているときに何故刃傷沙汰を起こしたのか。
2. お供がいない殿中なのに、何故カスリ傷しか与えられなかったのか。
3. 喧嘩両成敗なのに、何故吉良にはお咎めがなかったのか。
4. 浅野のほうが悪いのに、何故忠臣蔵では吉良が悪者として扱われている。
5. 半蔵門外の番町、麹町平川町は旗本が多く住んでいたのに、この近辺に20人近く
  が潜伏していて怪しまれなかったのは何故か。
6. 吉良は安全な大名小路(呉服橋内)から、本所松阪町へ移ったのか。
7. 吉良邸には上杉家から100人もの武士が常駐していたのに死者16人負傷者20人
  出ているのに赤穂浪士は数人の負傷者なのは何故か。
8. 本所松阪町からから泉岳寺までの道のりで何故浪人たちは捕らえられなかったのか。
9. 約1年間の赤穂浪士たちの衣食住の資金は。
10.江戸の町々には必ず木戸があり夜は閉鎖され木戸番がいるのに何所も引っかかって
  ないのは。

 これは江戸城とは関係のないことなのに、すぐに脱線してしまいます。
でも、赤穂事件で7冊の本で調べました、このうちちょっと以外だったのは、吉良邸が大名
小路の邸宅、本所松阪町の吉良邸を調べるために東京時代MAPで調べていたら、忠臣蔵
が載っているのに驚きましたが、吉良邸の名は載っていませんでした。

1. 何故刃傷に至ったかは本人でなければ、わからないことですが、本人は癇癪持ちだった
  ようなので、ついカーッとなってというのが妥当な考えではないでしょうか。
  しかし将軍綱吉は激怒したそうです、理由は朝廷に生母桂昌院の「従一位」への昇進
  を願いでてたので、その勅使が来ている最中に起こした事件だったので、即切腹を  申し
  付けたようです。

2. 何故カスリ傷しか与えられなかったは解明されていない謎の一つです、一対一です
  不意打ちであれば、もっと深手を与えることは可能であったのに、忠臣蔵では「この
  間の遺恨覚えたるか」と云って振り向いたところを眉間に切りつけましたと書かれている
  ものが多いのですが、これについては、浅野のを後ろから羽交い絞めにして止めた梶川与
  惣兵衛頼照の書き残した「梶川氏筆記」に一部始終を書き残してあるが、これが一番史実に
  近いのでは。
下記の松の廊下のの図で①は梶川氏の立っていた場所、②は浅野が進んできて
方向、③は吉良が来た方向、④は刃傷があった場所です。
Scan.jpg
下記は梶川氏筆記からの抜粋です。
「・・・内匠殿が参られたので『私儀、今日、伝奏衆へ御台様よりの御使を勤るるのて、諸事
宜しくお頼みます』と申しました。内匠殿は『心得ました』と言って本座に変えられました。
 その後、御白書院「桜間」のほうを見ると、吉良殿が御白書院ほうからやって来られました。
そこで、坊主に吉良殿を呼び遣わし吉良殿に『その件について申し伝えるように』と話すと、
吉良さんは『承知した』とこちらにやって来られたので、私は大広間に近い方に出て角柱より6~7
間もあるところで、吉良さんと出会いお互いに立ったままで、私が、『今日、御使の時間が早く
なりました』と一言二言言ったところ、誰かが、吉良殿の後ろより『この間の遺恨覚えたるか』
と声をかけて斬りつけました。・・・」
長くなるので、この後は省略しますが、襲うのなら、梶川のいない場所つまり梶川との話が
終わってからなら果たせたのに、と思います。

3. 浅野の私怨と言われてますが、事件の後、梶川は老中・若年寄・大目付列席の席に
呼び出され尋問を受けてます、それは浅野が切りつけたとき吉良は刀に手をかけたか
否かが吟味の眼目だったがも梶川は刀に手をかけていないと答えてます。
 一方浅野は目付の多門伝八郎たちから事情聴取をうける、場所柄をわきまえずに
刃傷に及んだ理由を問われ、私的な遺恨から前後をわきまえず刃傷に及んだ。討ち損
じたことは残念だ、自分は乱心ではないとも答えた。
 浅野の事情聴取を踏まえて、今度は別の目付けが吉良に対して、浅野の言う遺恨について
説明をもとめた。これに対して吉良は浅野から怨みを受ける覚えは自分にはないと答えた。
その結果、浅野は一方的に斬り付けたのであり、両成敗には当たらないと両成敗は適用
されなかった。
浅野が吉良を怨んでいた理由に浅野が吉良に賄賂を送らなかったので嫌がらせを教え
浅野を困らせたといわれてますが、そんなことしたら、逆に指導した吉良に責任を負う
言になりますので、これは絶対にありません。
塩の製法についても、しかりです。今でもそうですが、トップ同士で物事を決めるのではなく、
部下が交渉お膳立てします、、以外にほんとかなーとおもわれるのは、江戸家老が浅野の
奥方に横恋慕使浅野に嘘をいい吉良がいってたようにしてたのでは、何故なら浅野切腹の
後江戸家老は出奔しています。ーーこのほうが面白いかも。

4.浅野が悪いのに、吉良が悪者になっている、これは義士でなければ、忠臣蔵にならない
  からでは。当時はネットもない時代、情報は流したほうが勝ちの時代です。
  資料がないので、真実の解明は難しい。

5. 逆の発想でかえってあやはまれないのかも。

6. 下の地図を見てください。
呉服橋門付近.jpg
この地図は元禄大江戸図の復刻小地図(人文社)の呉服橋門の大名小路の一部です
門を入ってすぐの左は北町奉行所です、この門のなかはほとんどが大名屋敷、門には
門番がいます、簡単にははいれません。
この地図は赤穂事件が起こる4年前の作成ですが、吉良邸とかかれてある場所つまり
呉服橋門を入ったところに名はありません。
下はこの地図のケースです。
元禄大江戸図ス.jpg
下は東京時代MAPです、この地図にも忠臣蔵が載せてあります。
東京時代MAP.jpg
下はこの地図に載っている呉服橋門と本所松坂町の位置です。
吉良邸移転.jpg
何故安全な場所から移ったのでしょうか。

7. 上杉家から100人以上吉良家と合わせると200人近くの武士がいたのに、
  死者16人、負傷者20~40人で浪士は負傷者数名とは謎です。
  下の図は回向院横の吉良邸(本所松阪町)と討ち入りの時集まった林町の杉野
  十平次宅との位置で。
吉良邸と浪士の集合場所.jpg
このとき浪士が着ていた衣装は映画で見るような派手な
  衣装ではなく地味な火消し装束だったそうです、これだと郎党を組んでも梯子を
  持っていても怪しまれません、また山鹿流の陣太鼓を叩いたことは嘘です、討ち
  入り前に大きな音をたてていたなら相手の寝込みを襲われません。

8. 吉良討ち取り後とに隣の回向院で休憩したという話もありますが、回向院は
  かかわりを恐れて門を開けなかったそうです、また船で下ろうとしましたが、
  船頭に断られたともありますが、永代橋たもとに浪士の休憩場所の碑が
  あるそうです。下の地図を見て下さい。
吉良邸から泉岳寺まで.jpg
 ここで不思議におもっつたのは上杉は追手を出差なかったのか、これは大目付の仙石伯耆
 守へ報告、仙石はただちに老中、若年寄に届け上杉家へ追撃禁止の命が出たそうです。

9. 1年半以上どうして?疑問ですが、書かれている本が見つかりませんでした。

10. 当時町々には木戸があり卯刻(午前6時)から酉刻(午後6時) までしか開いて
   いません、何故通れたのでしょうか。

 恐ろしいことです、フイクションであってもそれが事実のように思われることです。
中国、韓国などが歴史認識と云っている、何故日本は黙っいるのか、これだと
忠臣蔵のように日本が吉良になってしまいます。
 NHKの大河ドラマも最近は創作が多すぎます、NHKもクレームが多くなってきたので、
テロップで言い訳をしています。

 脱線が多すぎ、本題の江戸城のほうがかなり遅れてますが、謎解きをやってる
ほうが、楽しく、疑問が出てくる毎にそれてしまうので、目的地がますます遠くなって
しまいます。




刃傷 [城・館・チャシ・グスク]

 昨年から江戸城について調べはじめましたが、途中脱線が多く時間を無駄に費やしている
のではないかと、これだと3年をめどに計画をたてましたが、無理かなー。

 まず年表を作りはじめて、引っかかり脱線したのは将軍の死因です、下がその時作った
表ですが、アンダーラインが引いてあるのは、病院に行ったとき、聞くためのものです。
Scan-2.jpg
自分の主治医(呼吸器内科)の先生口が重いのでよくわかりませんでした。
死因などは城と関係のないことなのに、かなりの脱線でした。

 つぎは御三卿の領地です、大名は城、陣屋などの領地があります、旗本たちも江戸に住む
これは3代将軍家光の時代の寛永2年に旗本は知行地より江戸に移住させるとあるので、
判りましたが、一ツ橋家、清水家、田安家はと調べ始め、ここでも脱線。

 またまた脱線してまいました。
 下の年表の朱記を見て下さい約80年の間に4件の刃傷があります。
 それで城内(殿中)での刃傷を調べました。
Scan.jpg
それで江戸時代江戸城では何件の刃傷があったか調べたところ10件ありました。
内1件は未遂でしたが、死罪になっています。
下がその刃傷の一覧です。
Scan-1.jpg
このうち5 は皆様ご存知本や映画になった忠臣蔵です、この忠臣蔵ですが、国会図書館
だけで、約5770冊、記事・論文637、児童書119冊あります。
そのほか「江戸城三大刃傷:近世士史談」、この三大は2の豊島明重事件、5の浅野長矩
事件、9の佐野政言事件だと思います、このほか、「豊島刑部少輔明重 江戸城刃傷の嚆矢」
などの本があります。

 当然ですが、江戸城内での刃傷は禁じられています、刀の鯉口を切って刀身を
3寸(9センチ)抜いただけで、切腹そして家名は断絶と言う厳しい掟があります。

 それなのに何故かと言うと殿中は御付も供侍もいません相手を斬殺するには
やりやすい場所です、未遂の1件を除いて他の8件はほぼ成功しているのに、
浅野だけは吉良にかすり傷しか与えていません。
 自分の暴挙で家族、家臣が路頭に迷います、10件の事件で加害者が城持ちの大名
はこの浅野と水野(松本藩主)ですが、水野は酒色に狂っていたバカ殿でしたがこの浅野
も調べていくうちに、バカ殿だと思えてきました。

 大石をはじめとする家臣これも分別のなさ、まず規則で抜刀は切腹、家名断絶とわかって
いるのに、罪を犯したこと、たとえどんな理由があっても法を犯してはいけません、また
家臣も法を犯した主君は犯罪者です、それを仇を討つのが忠臣だったら、ヤクザが親分
の仇と相手を殺すのは、つまり子分たちは全て忠臣と言うことなります。

 本当に相手が憎いのなら相手は抜刀していないのに、仕留められないのは、謎です。
 それと接待役、教えを講うのに甘くみているのでは、家臣の気配りにも落度があるのでは。


 これも調べていて知ったことですが、刃傷事件の後、赤穂藩がお取つぶしが決まった
時庶民は餅をついて祝ったと言われてます。それほど赤穂の民は重税に苦しめられて
いたそうです。

それと逆に吉良は地元民から名君としたわれていたそうです。
が、旗本、大名の間では評判はよくありません。


 しかし忠臣蔵などはほとんどが小説です、江戸時代について本当のことを知るには
1級史料でなければ信用度が低くなります。
江戸時代を知るには「寛政重修諸家譜」全1530巻です、これは研究をされたいる方々
のほとんどが一度は手にされていると思います、これは国会図書館でなくとも大きな
図書館であれば蔵書されていると思います。
 このほか、「徳川実紀」は「国史大系」(吉川弘文館)、「大日本近世史料」(東大出版会)
「藩史大事典(有斐閣)、古事類苑(芳川弘文館)など沢山あります。
また、2級、3級史料でも何冊も読めば1級に近くなりますので、出来るだけ多くの
本からの蒐集がより史実に近づけると、江戸城に関する本を集めています。
 江戸城についてよりも、脱線を追及したほうが面白いかもしれません。



これも江戸城を調べているときに飛び込んできたレアーなニュースです。
これは松江歴史館が昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」の資料のを調べているとき資料
の中に江戸初期の「江戸城絵図」が見つかりました。
 調査した千田奈良大学長は、戦いを意識した強力な要塞機能を最大限備えた城と裏付け
られたと説明。
 この絵図を展示します。
タイトル名 決まってむません
期日 2月17日~3月15日
場所 松江歴史館


松江歴史館


上の歴史館のH.Pをクリックすると「リニューアル中」とでてきますが、そして観光コンヘ゛ンション
へのアドレスがありますが、ここでは場所等が載っているだけですし、展示のことは何も
書かれていませんし、市のH.Piにも載ってません。
 歴史館のH.Pが海外からサイバー攻撃をうけ今開けなくなっています、館ではリニューアルと
かかれてますが、市と歴史館とで対策をとっている最中だそうで、H.Pの再開は未定
だそうです。
 H.Pでは確認できませんが、歴史館ではどうするか考えているそうです。
展示会は上記の期間おこなわれますが、H.Pは判りません。

展示会の御知らせ 6 [城・館・チャシ・グスク]

 3月限のお知らせはこれで終わりです。


特別展
「多摩川 冬鳥の陣」
冬鳥の陣.jpg
場所 府中市郷土の森博物館
期日 1月28日~3月12日


東京都府中市郷土の森博物館





「市民公募夢美エンナーレ入選作品展」
場所 八王子夢美術館
期日 2月25日~3月23日


八王子市夢美術館





特別展
「府中の発掘お宝展2016」
府中の発掘.jpg
場所 ふるさと府中歴史館
期日 11月15日~3月26日


府中市ふるさと府中歴史館





「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展」
神戸ゆかりの芸術家.jpg
場所 神戸ゆかりの美術館
期日 11月29日~3月26日


神戸ゆかりの美術館





特別展
「メドゥプ」
メドゥプ.jpg
場所 高麗美術館
期日 12月3日~3月26日


高麗美術館





特別展
「台北国立故宮博物院北宋汝窯青磁水仙盆」
台北国立故宮博物館.jpg
場所 大坂市立東洋陶磁美術館
期日 12月10日~3月26日


大阪市立東洋陶磁美術館





特別企画展
「ヘレンド」
ベレンド.jpg
場所 愛知県陶磁美術館
期日 1月7日~3月26日


愛知県陶磁美術館





「錦絵にみる東京の冬景色」
東京の冬景色.jpg
場所 がす資料館
期日 1月7日~3月26日


GAS MUSEUM がす資料館





「滑川の城館展」
滑川の城館.jpg
場所 滑川市立博物館
期日 1月14日~3月26日


富山県滑川市立博物館





特別展
「武具繚乱」
武具繚乱.jpg
場所 板橋区立郷土史料館
期日 1月21日~3月26日


板橋区立郷土資料館





企画展
「手紙が語る戦争」
手紙が語る戦争.jpg
場所 平和祈念展示資料館
期日 1月24日~3月26日


平和祈念展示資料館





「拝啓 ルノワール先生」
ルノワール.jpg
場所 あべのハルカス美術館
期日 1月24日~3月26日


あべのハルカス美術館





企画展
「しょうゆ・みそ・さけ」
しょうゆ・みそ・さけ.jpg
場所 石神井公園ふるさと文化館
期日 2月4日~3月26日


石神井公園ふるさと文化館





特別展
「掘りおこされた八王子の歴史」
掘り起こされた八王子の歴史.jpg
場所 八王子郷土資料館
期日 2月7日~3月26日


八王子市郷土資料館





企画展
「岡本の記憶をたどるー別邸建築と近代化ー」
場所 岡本公園民家園
期日 7月1日~3月31日


岡本公園民家園





130周年.jpg
「博物館黎明期と蚕病教育」
博物館黎明期.jpg
場所 東京農工大学科学博物館
期日 11月1日~3月31日


東京農工大学科学博物館





企画展
「ちょっと むかしのくらし」
むかしのくらし.jpg
場所 府中市郷土の森博物館
期日 11月12日~3月31日


東京都府中市郷土の森博物館





「企画展
「25年のあゆみ」
収蔵資料でふりかえる.jpg
場所 坂本龍馬記念館
期日 1月7日~3月31日


高知県立坂本龍馬記念館





企画展
「なつかしき昭和の暮らし」
なつかしき昭和の暮らし.jpg
場所 渋谷区郷土博物館
期日 1月31日~3月26日


渋谷区郷土博物館



前の10件 | -